風の故郷 ルカver. 【初音ミク -Project DIVA- F 2nd】 ★自作エディット★

こんばんは。
ルカ姉の聖誕祭2015’に合わせて制作していた自作エディットが完成したので、ご報告いたします。

画像


今回使用させていただいた楽曲は、光輝さんの【風の故郷】。



まず始めに、この楽曲は残念ながらNicoSoundが終了してしまったのと、ピアプロ対応曲ではない為、現在、公式に楽曲をダウンロードすることができません。

私は一年前、この楽曲で譜面のみのエディットを制作した時にNicoSoundからDLしていまして、今回の自作エディットにはそれを使用しました。

そのような状況なので、自作エディットのデータはアップロードしましたが、皆さんに遊んでもらえるかどうかは、プレイヤーの皆さんの環境次第(曖昧な表現でスミマセン)ということになります。

ただし、それでは私の動画やブログを見て「遊んでみようかな…」と思っていただいた貴重な方々が消化不良になられてもイカンなぁ…と思いまして、ルカ版とは異なるバージョンも作ってみました。

そちらは双子がボーカルを務めていまして、DIVA用のライセンス条件には合いませんが、ピアプロから直接楽曲をDLすることができます。

ですので、気兼ねなく遊んでみたいと思われた方は、そちらのバージョンのエディットデータをDLしてみてください。

前置きが長くなりましたが、ここからはルカ版の制作話をさせていただきます。

○制作手順
大体いつもと変わりない手順で制作しています。

前置きで書きましたが、1年前にF版で譜面のみのエディットを作っていましたので、まずはその譜面の修正からのスタートとなり、配置、押し換え、間奏部分にリンクフリップを入れる等、全体的な見直しを行いました。

次にPV作成へ移り、最後にテストプレイの繰り返しで譜面とPVの調和を目指して微調整をした後、3週間程の寝かせ期間をおいての公開となっています。

  *一年前のブログ → 風の故郷 【初音ミク Project DIVA F】

○譜面の作成
いつも通り、自分が気張らずにパフェれる『HARD』ランクの難易度で作りました。

ルカ姉の言葉が造語なので、詩による押し換えではなく、曲の節々での押し換えが主になっています。

すでに作ってある譜面の修正だったので気は楽だったのですが、FとF2ndでは1マスのドット数が違うので、斜め配置のノーツは全て再調整をしています。

なんとなくですが、風が吹いているイメージで配置をしました。

他は、間奏部分にリンクフリップを入れ込んだくらいです。

○PV
『森の妖精姫』のモジュールを見た時、「これを使用する楽曲は果たしてあるのだろうか…」と本気で心配をしていましたが、良かったです、今作で出番がありました。

ルカ姉には風の妖精さんになっていただきまして、世界を巡ってもらっています。

画像


詩は造語で綴られているので、特にストーリーのようなものは設定せず、風の妖精さんが美しく見えるPVになるよう心掛けてみました。

但し、歌詞の欄に何も無いのでは味気ないと思い、リンレン版の歌詞を入れ込んであります。

画像


苦労した点としては、可憐な妖精さんにしたいのに『大きな胸』と『極端に短いスカート』の主張が激しかったこと。

どんな姿勢をとっても、バーンとチラリが横行するため、目立たないようにするのが大変でした。

画像


他、曲調に合わせ、細かいカット割りや素早いカメラワークは多用せず(本音は自分がそういうのは苦手だからですが)、落ち着いた感じのPVに仕上がっています。

○総括
公式でアップロードされているエディットデータでは、譜面+PVでルカ姉のモジュールが使用されている作品は少ないですね。

自分の中でルカ姉の成分が不足気味だったので、今回は自作で思いっきり充足しました。

そんなルカ姉の顔が譜面で隠れないよう、今作でもその辺は気をつけたつもりです。

私は、譜面→PVという制作手順の為、PVでの修正が主になったのですが、結果、どうも全体的にモジュールが画面の右か左に寄りすぎになった気がします。

それでもPV鑑賞で確認してみたら、そんなに気になるレベルではなかったので、まあ、よかったのかなと。
宜しければ完成した動画をご覧ください 



*エディットデータのダウンロード → オンラインID:sou-rin
 
*双子版の制作話はこちらへ → 風の故郷 鏡音ver.

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント